2016年12月1日木曜日

【ちょっと一息】ゴッホとゴーギャン展に行ってきました!

イアオラナ!


このあいだの休日に、今東京で開かれている、ゴッホとゴーギャン展に行ってきました!
“ゴーギャン”といえば、タヒチに移住した画家として有名ですよね。
私自身、ゴーギャンの絵は、実物を観たことがなかったので、これは良い機会だと思い、行ってきました!


(ポール・ゴーギャン/タヒチの3人)

休日ということと有名な画家の合同企画展示ということで、案の定、美術館は多くのお客様で賑わっていました。
ゴッホとゴーギャンは、実は一緒に共同生活を送っていたこともあり、同じ時代を生きた画家なのです。
思考や価値観、絵の技法などまったく異なる2人ですが、約2ヶ月ほどの南仏アルルでの共同生活も含めて、
相互に刺激を受けながら、多くの作品を制作したそうです。

しかし、ゴッホは精神を患い、ゴーギャンとの共同生活は終わりを告げます。
ゴーギャンは南仏アルルを発ち、やがて、誰の手によっても汚されていない自然を求めて、
南太平洋に浮かぶ島、タヒチへ向かいます。
ゴッホとゴーギャンは、共同生活を解消した後も、手紙で連絡を取り合っていましたが、
ある日、ゴッホは拳銃に撃たれ、37歳という若さでこの世を去ります。(自殺など諸説有)


ゴーギャンはゴッホの死をタヒチで知りました。
ゴッホの死を痛むかのように、現代でゴッホの著名な作品であり、ゴッホの象徴ともいえる「ひまわり」をタヒチで描きました。
ゴーギャンは「ひまわり」を書くために、フランスの友人に頼んで、ひまわりの種をタヒチまで送ってもらったそうです。



個人的な美術鑑賞としては、自分の感性だけで鑑賞して、好きだと思った絵をじっくり観る、という方法が好きですが、
このような時代背景や人物、相関関係などを知ると、絵の見方も変わり、よりドラマティックになりますね。
展示の余韻が残るほどとても面白い展示でしたので、まだ行っていない、という人は是非、足を運んでみて下さい。
また、ひまわりのほかにもタヒチで描いた作品が展示されています。そちらも是非鑑賞してみて下さい!

マウルル!

2016年11月28日月曜日

【ニューカレドニア】イベント情報 in 関空!!

ボンジュール!


本日はイベント情報です☆
12月4日(日)に関空で開催される「オセアニア特集 今年の冬はKIXから南半球へひとっ飛び!」。
関空から週に2便の就航があるディスティネーション、ニューカレドニアもこのイベントに参加予定です!
ニューカレドニア観光局が海だけでなく森林浴やウォーキング、乗馬などもできる楽しい観光地ニューカレドニアの魅力を
余すところなくご案内します!
関西にお住まいの方は、是非、ご参加ください♪




第76回 関空わくわくセミナー「オセアニア特集 今年の冬はKIXから南半球へひとっ飛び!」を開催します。
これから旅行のオンシーズンとなる南半球。
今回のセミナーでは、KIX(関空)から直行便が就航する南半球の国3か国を一挙にご紹介します。
2016年11月4日より、ニュージーランド航空 関西=オークランド線も3年ぶりに復活し、ますます便利になった
オセアニア方面へのご旅行を、ぜひこの機会にご検討ください。


開催日時:2016年12月4日(日) 13:30~15:30
開催場所:ホテル日航関西空港1F 関西空港会議場「鶴の間」
定員:300名(先着順)
参加費:無料
詳細はHPのイベント情報へ⇒http://www.kansai-airport.or.jp/play/event/wakuwaku/76/



2016年11月21日月曜日

【タヒチ】最終日、どこ泊まろう?~リゾート編~

イアオラナ!


前回の「最終日、どこ泊まろう?~リーズナブル編~」はご参考になりましたでしょうか?
今日は、~リゾート編~をご紹介します!


「離島にずーっと宿泊したい!」という気持ちはとてもよくわかりますが、帰りの国際線が早朝便のため、
ご帰国の前泊は必ずファアア空港のあるタヒチ島に宿泊する必要があります。
最後の1泊、といえど、重要ですよね!最後まで快適に過ごして頂けるよう、タヒチ島のホテルをご紹介します♪


インターコンチネンタル・リゾート・タヒチ



せっかくのタヒチ。最後まで豪華に行きたい!そんなお客様には、インターコンチネンタル・リゾート・タヒチをお勧めいたします。
ファアア空港からお車で約5分という立地。ビルディングタイプのお部屋から水上バンガローまで、数多くのお部屋のカテゴリーから
ご予算やお好みに合わせてご選択して頂けます。
なんといっても、私が皆様にお勧めしたいのは、リゾートで毎週金曜日に開かれるディナー&タヒチアンダンスショーです。
タヒチでも屈指のダンスチームが披露するショーは圧巻!他のホテルにご宿泊のお客様も、このショーを見るために
インターコンチネンタルに訪れる方もいらっしゃいます。



ル・メリディアン・タヒチ



インターコンチネンタルのほかにも、タヒチ島にもう一つ素敵なリゾートがあります。それが、ル・メリディアン・タヒチです。
こちらもビルディングタイプ、水上バンガロー、どちらのお部屋カテゴリーもあり、最後までリゾート気分を味わうことができます。
リゾートの中心には、白砂が敷き詰められたサンド・ボトム・プールがあり、開放的で穏やかな時間を楽しめます。
メリディアンのタヒチアンダンスショーもレベルが高いです!ヘイバ(タヒチ最大のお祭り)での優勝経験もあり、
日本にも何度も来日している人気グループ「タヒチ・オラ」のショーが観覧できるなんて、贅沢だとは思いませんか?

タヒチ・パール・ビーチ・リゾート



最後に、①と②ほどまでは豪華なリゾートではありませんが、少しご予算を抑えつつ、リゾート気分を満喫できる、
タヒチ・パール・ビーチ・リゾートでのご滞在はいかがでしょうか?
タヒチ・パール・ビーチ・リゾートは、タヒチ島の珍しい黒砂ビーチの目の前に建つ、全室オーシャンビューのリゾートです。
パペーテから少し離れた場所ですが、街までの無料送迎シャトルバスもありますので、気軽にお出かけ頂けます。
タヒチアンダンスレッスンやヨガレッスンなど、ご滞在を飽きさせない、リゾート主催のアクティビティもいろいろ用意されています。
こちらのリゾートでオススメしたいのは、なんといっても、スパ!
タヒチの花や果物、リゾート自慢の珍しい黒砂から生まれたオリジナルプロダクトでの施術は、技術が高く、
ローカルにも好評。最終泊でご旅行の疲れを癒すのにもぴったりではないでしょうか?

 
いかがだったでしょうか?
旅のご参考にして頂けたら嬉しいです♪


マウルル!

2016年11月19日土曜日

【タヒチ】最終日、どこ泊まろう?~リーズナブル編~

イアオラナ!


タヒチといえば、息を呑むほど美しいラグーンや上質なサービスが揃ったリゾート滞在。
ハネムーンの方だけでなく、ご年配の方やファミリー旅行など、多くの人々を魅了する場所です。
ボラボラ島やモーレア島など、綺麗なラグーンを目の前に、のんびり過ごす贅沢な時間・・・
まるで夢のようなひとときをお過ごし頂けます。


さて、「離島にずーっと宿泊したい!」という気持ちはとてもよくわかりますが、帰りの国際線が早朝便のため、
ご帰国の前泊は必ずファアア空港のあるタヒチ島に宿泊する必要があります。
最後の1泊、といえど、重要ですよね!最後まで快適に過ごして頂けるよう、タヒチ島のホテルをご紹介します♪

ホテル・タヒチ・ヌイ



パペーテの中心部に程近く、とにかくロケーション抜群なホテルです。
パペーテの台所「マルシェ」やタヒチで有名な屋台「ルロット」まで徒歩圏です。お土産を買ったり、お食事したりするのにとても便利♪
モダンでスタイリッシュなホテルで、リゾートホテルではありませんが、プール・ジム・スパなどホテル内施設も充実しています。
最近では、ホテルから徒歩10分圏内に小さなスーパーができましたので、ちょっとした買い物なども、簡単に済ませられます。


ホテル・サラ・ヌイ



離島リゾートに予算をかけたい!最後の1泊は価格重視!!というお客様は、こちらのホテル。
パペーテ中心部から少し離れるため、周囲はとても静か。内装はカジュアルな雰囲気で、リゾート滞在で肩が凝った人は
ちょっとホッとするかも。
ただ、パペーテ中心部までの道が人通りの少ない場所なので、特に夜のお出かけなどはタクシーのご利用をオススメします!
①のホテル・タヒチ・ヌイとそこまで料金の差はないので、安心料金と考えて頂けたら、ホテル・タヒチ・ヌイをオススメします♪


マナバ・スイート・リゾート・タヒチ




最終日までリゾート気分を味わいたい!でも、予算が気になる・・・、という人は、中間クラスの
「マナバ・スイート・リゾート・タヒチ」はいかがでしょうか?
タヒチ島最大のインフィニティープールは、最後まで心をウキウキさせてくれます。
レセプションに大きなティキ像があるなど、ポリネシアの雰囲気が味わえる装飾も素敵です。
また、リゾート内のヴァイトイ・レストランは、ローカルのタヒチアンにも大人気のレストランなので一度ご賞味あれ!
さらに、パペーテ市街地に出かけなくても、リゾートのすぐ近くにルロットが並ぶので、こちらでルロットを楽しむこともできます。


いかがだったでしょうか?
旅のご参考にして頂けたら嬉しいです♪
次回は、~リゾート編~ を更新します!


マウルル!

2016年11月14日月曜日

【ランギロア】自然体のイルカウォッチング

イアオラナ!


ツアモツ諸島ランギロア島
昨今では、星野リゾートがホテルのマネジメントに携わり、タヒチに日本ブランドのリゾートが
誕生したということで、専ら話題の中心の島です。

ランギロアは環礁の島で、山などはなく、そのため、雨があまり降らない、晴天率が高い島ということも有名です。
「ランギロアブルー」と形容される美しい海、素朴な島民たち、タヒチの大自然を満喫できる、天国のような場所です。


旅行者の注目を集める、タヒチの「星野リゾートKiaOraランギロア」
皆さん、野生イルカがジャンプする瞬間を、ホテルから歩いてほんの一キロの距離で、
しかも、陸から楽しめることをご存知でしょうか?
ラグーンで育まれたプランクトンが、6時間に一度、大量にオーシャンに流れ出し、
その外洋に流れでるタイミングで、野生のバンドウイルカたちが、ウネリに目掛けて

ジャンプを繰り出す、自然の風景です。



先日は満潮と干潮の差が激しかったので、大量のイルカのジャンプが期待されました。
早速、ホテルから歩いて15分のティプタパスに出向いて、陸からパシャリと撮影。
野生のイルカ達のジャンプショーが始まりました。こんなエンターテイメントは、世界でもここだけでしょう!
 


ランギロアでは、野生イルカのジャンプのほか、ブルーラグーン・モツピクニックやドリフトシュノーケリング、
ワイン畑訪問、タヒチアンダンス、サイクリングなどなど、魅力がたくさん!
是非、大スケールのタヒチの自然をお楽しみ下さい!!


マウルル!!

 


お写真、記事参考は星野ランギロアKiaOraリゾート公式HPより
http://rangiroalagoon.com/

2016年11月12日土曜日

【フィジー】最終泊、どこにする!?

Bula!


フィジー旅行といえば、“離島リゾート”
視界から溢れるほどの大スケールで、澄み渡った美しいフィジーの海を楽しめます。
シュノーケリングやダイビング、フィジアンの温かいホスピタリティ、洗練された食事など、
のんびりとしたフィジータイムを是非、離島リゾートで満喫して下さい♪

離島リゾートで楽しまれた後、ご帰国の前日は本島に最低でも1泊しなければなりませんが、
最終泊をどこにするか?という点もスケジュールを立てる上で悩むところだと思います。


タノア・インターナショナルホテル



空港からお車で約3分!という場所にあり、帰国便に合わせてご出発の際もゆっくり準備をして頂けます。
空港から近いということで、飛行機のキャビンクルーたちもよく利用するホテルです。
室内はフィジアンらしさをもちつつ、モダンな雰囲気で、清潔感のある快適なお部屋。
施設も、レストラン、バー、プール、ジムなど、必要なものは揃っています。
ちなみに、日本食レストラン「一休」もタノアにあります!日本食が恋しくなったら是非ご利用下さい。

メルキュール・ホテル・ナンディ



タノアと同等クラスで、人気があるのはメルキュール。空港とナンディタウンの中間に位置し、空港やタウンまで約10分。
カジュアルでポップな雰囲気のホテルで、青々と茂るガーデンの中央にプールもあります。
クィーンズ・ロードというメイン道路に面しており、ホテルの近くにレストランも数件あるので、お食事の際は、
ホテルのレストラン以外にも選択肢が広がります。
少し歩きますが、このメイン道路沿いにマクドナルドもあり、フィジーのマクドナルドを試してみるのもいいかも♪
また、フィジーに到着してすぐに離島に移動された方など、最終日にナンディタウンを覗いてみたい人には、
オススメのロケーションです。

ヒルトン・フィジー・ビーチリゾート&スパ



「最後の1泊だから費用を抑えたい」、という方は、①と②がオススメですが、「最後までリゾート気分で過ごしたい!」という方には、
デナラウ地区に軒を連ねる、リゾートの中からお選び頂く事をオススメします。
空港やナンディタウンからは少し離れてしまいますが、離島から帰ってくるときに利用する高速艇乗り場、マリーナがすぐそばです!
いくつかあるリゾートの中で、何故私がヒルトンを選んだのかというと・・・、ヒルトンからだとマリーナまで歩いていくときに
一番近いからです。ブラバスなどの循環バスも1日中ありますので、他のデナラウのリゾートでも問題はありませんが、
思い立ったときにすぐ行ける距離がやっぱり楽ですよ。
デナラウマリーナには、レストランやお土産屋さんなどの商業施設が集合しているので、お土産選びのお買い物に
とても便利だと思います。


少しはご参考になりましたでしょうか?
皆さんの次のご旅行計画に役に立てたら嬉しいです。

Vinaka!

2016年11月7日月曜日

【タヒチ】テレビ放送のご案内

イアオラナ!


またまた、朝日放送「旅サラダ」で、タヒチが取り上げられるそうです!
今週末、12日(土)の放送です。是非、チェックして下さいね♪



毎週土曜 朝8時 朝日放送
「旅サラダ」
番組HP:http://www.asahi.co.jp/tsalad/





 

マウルル!